【Linux】コマンドラインの基礎

2020-01-23 /

記事の要約

Linuxのコマンドラインでできること

Linuxのコマンドラインを用いますと、基本的にはファイルの作成や、削除などの操作をコマンドライン上から効率的に行うことができるようになります。

例えばですが、以下のコマンドで新しいディレクトリを作成できます。

mkdir <新しく作成したいディレクトリ名>

また以下のコマンドで削除することもできます。

rm -rf <削除したいディレクトリ名>>

一方で、これ以外にもコマンドラインでしかできないことというものがあります。例えば、パッケージのインストールやアップデートのうち複雑な手順が必要になってくるものは、コマンドラインでしか操作できなかったりします。

なんでボタンポチポチでできないの?

そもそも昔、コンピュータは黒や青い画面にコマンドを打って操作することしかできませんでした。全員コマンドラインの操作を行っていました。
そこから、MacintoshWindowsなどがGUIを普及させて、これまでコマンドラインで行ってきた動作をボタンやマウスの操作で実現されていきました。これは非常に革新的で、一般的なコンピュータの専門知識を持っていない人でも使えるようになっていきました。

しかし、

ToBecontinued...

この記事の関連記事

関連記事はありません。

コメント欄

記事にコメントする

まだコメントはありません。