IT業界の会社への就活アドバイス!どこを狙うと将来良くなる?

2020-02-27 /

IT業界に就職を考えるときの判断基準

ITの業界に就職するときにどういった企業に就職すればいいか。答えはあなた次第あなたが何をやりたいかによります。と言ってしまってはこの記事の意味がありませんね(笑)。

まず、ITの企業といっても様々あります。SIerだったりSESだったり、ITコンサルってもあれば、皆さんがIT業界でイメージしやすいWeb系の会社もあります。そういった企業の中で、どういうところを目指せばいいのかなんですが、まず皆さんはそれぞれ特徴をイメージできていますでしょうか?
自分が働くにあたって、将来的なキャリアは考える必要があるとまでは言いませんが、お金を求めるのか、職場環境を求めるのか、どのような知識を仕事で身につけたいのかなどで、就職するとして狙う会社は変わっていきます。

ですので、まずはしっかりそれぞれの企業の特徴を把握した上で、自分がどういう働き方がいいかと合わせて判断して就職活動をする必要があります。

IT業界の起業の特徴

では、それぞれの会社の特徴を見ていきましょう。

まずは、SIerから見ていきましょう。
SIerは巷でもオススメされることはありませんし、私もオススメしません。この仕事は、IT派遣エンジニアとして、企業に派遣されて、そこで派遣先の企業の方から指示を受けて仕事をする形態が主になります。しかし、多くの場合ここで派遣される技術は非常に古いもので、身につけてもエンジニアの基礎力は上がっても、今後役に立つ知識は全体の仕事の中でもごく一部ということになります。
更には、客先でこき使われることにもなりますし、派遣業なので給料も安いです。根性は身につくというメリットはあるかもしれませんが、基本的にデメリットしかありません。

では次に、SESの会社を見ていきましょう。SESの会社と言うのはどういった会社かと言うと、ITのシステム開発等の案件をお客様から要望いただいてその要望を実現することを目的としている企業です。
お客様の方でシステムの仕様書などは大枠作成されており、それを作って実現することによって、お金をもらっています。
多くの場合、技術は最先端ではないですが、一部研究開発案件などの場合は、面白い技術が使える場合があります。そして、基本的に給料は高い水準です。ですので、あまりガツガツとしたくはないけども、技術はある程度身につけて、給料も一定水準ほしいという方には向いているかなと思います。

ITコンサルという業態の会社の業務の内容は、SESに近いところが多いです。SESと違うところは、クライアントから言われた機能を作り上げることだけではなくてクライアントの業務を改善するための機能を作り上げると言うところにあります。
クライアントの業務の流れを整理して、再構築して、理想形の業務フローをかきあげた上で、システムの設計書を作成します。設計書を作成したあとの実際の開発は、別のSESの会社などや中国、インド、ベトナムなどの下請け企業に依頼することがほとんどです。ですので、あまり自分でコーディングをすることはありません。

そして最後に、Web系の会社と言うのはWebシステムを構築したり、自社アプリを開発したり、ホームページ屋さんだったり、様々な会社があります。多くの場合は働き方は自由であることが多く、数多くの案件を、比較的新しい技術を用いてこなす企業の比率は多いです。(中には古いレガシーシステムでホームページを作り続けている会社もありますが。。。)

結論:どこで働ければいいのか?

では、そういった企業が1番いいのか、私が考えるベストの選択はWeb系の会社か、ITコンサルの会社になります。Web系の会社の場合は最先端の技術に関する仕事を色々と受けることができ、働き方も自由な会社が多いです。そして、コミニケーションもフラットで取りやすい会社が多いので、そういった会社で働くのは1つの選択肢としてアリかなと思います。

一方、ITコンサルとして働くのもかなりいいと考えています。
その理由というのがITコンサルではクライアントの業務を改善するためのコンサルティングを行いますので、ITの知識だけじゃなく色んな業種のクライアントの業務について、深い知識が得られます。そしてそれは、今後一生役に立つ知識であると言えます。

ITコンサルの中でベストな生き抜き方

で、今後生きていく力を身に付けるために仕事をすることを考えると、最もベストな方法としてはITの知識を身に付けた上で、ITコンサルで働くということが良いと思います。

まず皆さん意外に思われるかもしれませんが、結構ITコンサルの人たちはITに関して深く知らない人が多いです。ITコンサルタントが最もお客様に対して価値を提供している部分は、お客様のビジネスが最も良くなるように、業務の流れを変えることを提案をしていくことであって、ITのシステムを作り上げることそのものにはありません。

ですので、ITの知識がなければないで、お客さんの業務を変えるための知識とロジカルな考え方があったら問題ないわけです。そして作り上げた将来像を実現するためのITシステムに関しては、外注することも可能ですし、仕事を開発の専門部隊でやり遂げることも可能なので、ITの知識がない人が結構います。

ですが、ITの知識がないと困ることも結構ありまして、業務のフローだったりどのようにデータを保管していくかという流れを考える上で、ITの知識があまりなかったりするとあまり良い提案ができなかったりと、システム設計の際は、データの流れを考えて、システムを設計していく必要があるので、その設計の段階で困ったりする事はあるわけです。もちろんITの知識がなくてもITコンサルはできますが、ITに関わるビジネスを行っていると名乗っている以上、ITの知識があるに越した事は無いわけです。

一方で、ITコンサルの会社において、ITの知識があると様々な面で良い恩恵を受けられることが多いです。実際に私は、ITコンサルの会社で働いていたときに、ITの知識は同僚よりもかなり多く持っていたので、IT面で困ったことがあったら大体私のほうに話はきました。もちろん面白くないことも多かったですが、そういった仕事をすると言う事はお客さんの業務に関して知識を得るチャンスが多かったということですので、そういう面でも私はかなりいろんな幅広い仕事をさせてもらってきました。

そしてSESの仕事と違うのは、同じ部類のITの仕事が多いのではありますが、最先端技術を使った仕事を受けることも多いです。例えば私の場合は、AIの開発だとか、サーバーレスアプリの開発などがありましたし、AWSのクラウド開発でもを使った自動化などのかなり高度なレベルの業務をやらせてもらうことができました。
ITのコンサルタントは、クライアントの企業がITで新しいことをやりたいというときにも、相談を受けることが多いので、最先端の案件を受けることもあります。
その中で、ITの知識があまりない人達が多い中で、ITの知識を少しでも持っていると、最先端技術を使った仕事の話が回ってきます。そういったところで、自分のスキルを高めながら、更には成功させると出世するチャンスも生まれてきます(笑) 私は、結果的に、様々な業界の業界知識や、ビジネスモデルなどの知識、そして業務の知識を得ると同時に、ITの最先端の技術を使った案件にも携わることができて、いろんな場面でいろんな優位性をアピールすることができるキャリアを積む積むことができました。

このような経験上の話ではありますが、長期的に自分が起業する夢なども踏まえて考えると、日々の仕事と言うのはどういう流れで行われているのかというフローをイメージできて、いろんな業務に関する知識を得ることができるという点と、ITの開発だったり最先端の技術に触れることが、比較的容易であるという点で、ITコンサルの会社に就職することは非常にオススメといえます。

そしてITコンサルの中でも単にコンサルティングをしているだけだと、業務の知識はしっかりと身に付けられますが、ITの最先端の分野には触れることができないのでI、Tの知識を身に付けた上で、ITコンサルの会社に就職するとかなり優位に立つことができます。

その他の選択肢とそのリスク

もちろん、Web系の会社に勤めることもありなのですが、Webの会社に勤めた場合は、世の中にある企業がどういった業務を流れているのか、大手の企業ですと、1つの組織にたくさんいる人たちが、どういう風に連携して仕事行っているのかということは見えないままです。そのため、例えば起業する場合でも、学生が思いつくようなアイデアを越えて起業することができなかったりするわけです。

この記事の関連記事

関連記事はありません。

コメント欄

記事にコメントする

まだコメントはありません。