これから"開発"を学ぶにはどのプログラミング言語が最適!?

2019-11-14 /

- これからプログラミングを学び、Webやデータ分析、機械学習、ゲームなどの業界に関わっていきたいと考えている方々に向けて、何が最適な選択肢になるのかを、長期的な視点も交えてお話します。

(まだ下書きです。)

記事の要約

  • 結論としては、Pythonを学ぶことで幅広く潰しが効く
  • これから幅広い分野でエンジニアは知見を求められるが、Pythonは最も幅広く様々な要件を満たすことができる
  • 他にも人気なのはRuby(Rails)があるが、Webという特定の分野にしかあまり強くないので、将来性が不安

これからプログラミンを学ぶにあたって考えないといけないこととは

  • 収入
  • 潰しが効くかどうか
  • 今後10年(もしくはそれ以上)にわたって、仕事ができるのかどうか

その考えないと行けない状況で、どの言語が適切か?

  • Pythonが適切
  • Web、機械学習、ゲーム、デスクトップアプリ、インフラの制御など、幅広い分野で開発可能
  • 一つ弱点があるとすれば、モバイルアプリ。Webアプリを埋め込む形であれば、DjangoやFlaskで開発可能だが。。
  • あとは、フロントエンドを充実させるには、Javascriptは必須。ここらへんは言語選択うんぬん以前の問題。

最新のトレンドについて

  • 人気ランキングではPythonが上位
  • Railsは落ちてきてしまっている。

国内の案件の状況

  • Rails案件が現状最も多い。Webの開発が容易なため。
  • でも、機械学習のアプリとかを作るのは単独では難しいので、結局PythonやC言語と連携が必要になる。
  • 今後はデータ分析系(データの前処理とか)が増えてくると思うので、そのときにPythonが使えると大きなアドバンテージ
  • 更に、機械学習モデルを構築して、分析を行えるとなると、かなり案件を取れるようになるし、企業からもオファーが取れそう。
この記事の関連記事

関連記事はありません。

コメント欄

記事にコメントする

まだコメントはありません。